So-net無料ブログ作成
検索選択

ダ・ヴィンチ・コード [本]

 「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン著

 しばらく前にちゃんと読み終わりました。
正直、キリスト教はあまり知らないんですが
聖書関係の出てくる単語は若干知ってるので(マンガとかゲームとか)
そういう意味では興味深かったです。

すごい反響を呼んでることも内容から理解できました。
確かにこれはショッキングな内容です。
あえて、そこにはどうとか意見は言いませんが。

追われる展開からいかに逃げるか、
謎を解き明かすあたりが爽快感がある気がします。
黒幕も個人的には読めませんでした。
裏を取られた感が好きな人はいい作品かも。

ただ、この手の分野に全く興味ない人には
わかりにくいと思います。

終わり方がちょっと物足りない感がありましたが
なかなか楽しめた作品でした。
映画面白いんかしら?(ちょっと遅い?)


ちょっと久々に [本]

 小説を購入。

ダ・ヴィンチ・コード(上)

ダ・ヴィンチ・コード(上)

 近頃噂のダ・ヴィンチ・コードです。
まだ上巻を半分読んだだけですが。。
今日から帰路にある店がポイント5倍なので中巻も購入w
下巻も買う勢いでしたが、売り切れてました。大人気ですな。
まぁ明日入荷する予定なので、買うつもりですけどね。
これぐらいの厚さなら、1冊は割と早く読めそうです。

そういや、模倣犯の長さにだれて途中。。
そろそろ古本屋とかで売ってそうな気がするし
ひと段落したら読もうかしら。


読書家再降臨 [本]

 「模倣犯」(宮部みゆき)を読んでます。
文庫で全巻出揃ったみたいですね。
全5巻、な、長い。。。ミステリやのに。
ハリーポッターみたく1巻ごとに話まとまってないみたいやしね。
しかも1巻は分厚くて600ページ弱あった!

基本的に通勤の電車とかバスぐらい(20~30分ほど)しか
読めないので、ちょびちょびですが地味に読み続け、
この週末にちょっとまとめて読んで、ようやく1巻終了。
2週間ほどかかった…。
でも面白い。どんどん先が読みたくなる展開です。

2巻は400ページぐらいやから割と早く読めるかな?
でもお勉強関係の本も並行して読もうと思うので、
やっぱり2週間はかかるでしょう。

 そんな素晴らしくぽっと出の読書家に
オススメ本があれば教えておくれやす。
なんかこう、キレのある展開とか、ユーモア溢れるやつとか。

ちなみに「空中庭園」(角田光代)は途中で飽きました。
どうもだるだるな感じで、主旨が見えてこんかった。
小説ってもりもり読めるやつと全然勧めんやつの差が出るなぁ。


読書は人に知をもたらす [本]

 先日の意識改革の一環として、
とにかくもっと本を読む時間を増やそうと思いました。
ジャンルはいろいろ。小説や勉強関係、情報源となる雑誌でもよし。
最近いろいろ買いました。

まず一つ目、今更ながらExcelをちゃんと勉強しようかとw
全く使えんわけではないけど、「使いこなす」という能力はないので。
情報系の勉強してきたくせに!
キレイに表作ったり、うまいこと関数使ったりとか
仕事となると何かと使う機会は多そうなので、暇な時に読もうかと。

次はなんかPC関係の本。
PCというかむしろアプリケーション関係。
世の中、フリーソフトでも結構使えるやつ転がってるみたいっすよ。
ちなみに俺のPCにはフリーのアンチウイルスソフトが入ってます。
多分、安心(していいはず)。
PC関係も知ってて損はない、意外と便利な知識って多いですからね!
てか、やっぱり仕事柄知っときたいし。

最後に普通に小説。久々やけど。
宮部みゆきの「模倣犯(1巻)」です。
文庫が出てるので買いました。
全5巻ですが、1冊が結構厚みがあります。
まぁ読めるものは結構すらすらと読んでいきますが、
イマイチ乗り気にならんやつは途中で飽きるからな…。

今のとこ、興味持って読んでるんやけど、
急に平日は時間がなくなったから進みは遅いです。
今日ももう寝ないと。。

でも、そんな感じで読書に当てる時間を増やそうと意気込んでます。
今まで時間無駄に費やしすぎてたわ…。
さ、風呂入って寝なくちゃ。
最近、帰って来る頃にはすでに眠いです。


小説読みました。 [本]

 「池袋ウエストゲートパーク」 石田伊良著

 東京に来て最初は東池袋に滞在していたので4月に買った本です。
ドラマでもやってたそうですが、まったく内容を知らなかったので。
今まで読んだ本の数が少ないので、あまり講評の仕方とかわからんけど
読んでみたので感想をば。

 なんか東京の若い奴らを描いてますね。
ワケありというかクセの強いキャラが多いです。
推理物とは違うと思いますが、主人公の周りに起こる問題や事件を解決していく話。
この主人公、一見遊び人な感じなのになぜか頭は切れる。
何かに特に熱心なわけでもないし、なんとなく日々を過ごしてる少年ですが、
仲間を大事にしている点が伝わってきました。
マンガは結構読んだりしてましたが、あまりマンガの主人公タイプではない。
でも、人間臭さは感じられるキャラクターでした。

俺はこの本に出てくる世界とは縁がないタイプだったので、
そういう意味では興味深い作品でした。
文体も読みやすい感じだったので、気軽に読めました。
4月に買って最近やっと読み終えましたんですけどね…
続編もあるようなので、また読んでみようかな~とかも思ったり。

 まぁそんな感じでたまには本を買って読んでみようと思いました。
「さおだけ屋」に興味はあります。あと株の本とか。資本ないですけどね。
オススメな本があれば誰か教えてくださいな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。