So-net無料ブログ作成
検索選択

高校サッカー選手権大会2007 決勝戦 [Football]

 正月と言えば高校サッカーの季節です。
そう思うのは結構なサッカー好きぐらいでしょうけど。
そーいう自分も帰省で家や友達の予定等で、ほとんど見れませんでした。

昨日の夜、千葉へ戻ってきたので今日はこっちでの休養日。
片付けをしつつ、高校サッカーも決勝なので見ることにしました。

今年の大会は聞いた結果だと、名門・国見(長崎)が初戦敗退、
去年の大会を沸かせたセクシーフットボールの野洲(滋賀)も負けちゃいました。
野洲のサッカーは好きなんですが。。(自分はテクニックないけど)

 で、今年の決勝のカードは作陽(岡山)×盛岡商業(岩手)。
どちらも決勝は初ということで、経過をちゃんと知らない自分としては
ちょっとオドロキでした。

試合序盤は盛岡商にチャンスがあるものの、
途中から作陽がしっかり組み立てはじめ、シュートまで持っていく形。
この辺では作陽が優勢でしたね。
実況いわく、決勝の前半に点が入らないのは過去30回ほどのうち4回だとか。
やっぱり全国決勝となると守りきるのは難しいってことかな?
そんな前例を破り、前半は互いに無得点。

後半、作陽はエースストライカーの村井を投入し
村井の豪快なシュートの撥ね返りを詰めて作陽先制!
この時の詰めたのがサイドバックだったんですが、いい所に飛び込みましたね。
こんなんやってみたいw

しかし、その後は盛岡商が反撃し、PK獲得。
だが外す!絶好のチャンスを逃がしモチベーション下がるかと思いきや
反撃が続き、作陽は防戦一方に。
そして25分頃に左サイドから崩し中に入れて、同点ゴール!
数分前にPK失敗した林が自らの失敗を払拭するゴールでした。

その後も盛岡商が押す展開。
残り時間も5分ほどの所で、左サイドがまたもやドリブル突破。これ速かった!
で、ゴール前にマイナスのパスをダイレクトで千葉が押し込み逆転!

残り数分、作陽が必死に攻め込み、あわやのシーンもありましたが
このまま終わり、盛岡商が岩手県勢としても初優勝となりました。

 去年のW杯でもそうですが、先制した方が明らかに有利となる
展開が多いんですが(当然やけど)、鮮やかな逆転勝利でした。
前半の様子と先制したあたりで、作陽が勝つかなとか思ったんですけど
サッカーはわからんもんですね。

必死にボール追いかけてる姿を見て、彼らに比べたらちょっと歳食ってるけど
また今年もサッカーがんばろうと思いました。
まぁこの前の初蹴りも合わせて思った感想やけどね。

とにかく少し前の高校野球の駒大苫小牧と似たことですが
雪国に優勝旗を持って帰ったということは雪国のサッカー少年や指導者にとって
大きな励みになったと思います。

サッカーに限らずとも、物事は環境で決まるわけじゃないと
教えてもらった気がします。
環境に文句を言う前に、その環境の中でいろいろ打開策を考えることが
大事なんでしょうね。(自分に言い聞かせるように)
高校生ですねぇ。活力をもらいましたw


タグ:サッカー
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。